FC2ブログ

【サイン読み】 天皇賞春の反省
軸にしたガンコは馬群の中に消えていきましたw  ということで馬券はハズレ。
正逆6番にレインボーラインとガンコという、前哨戦1着馬が入ったのは偶然とは
思えず、そこからの検討になりましたが、まぁいつも通りG1のドツボに引っかかって
しまったようです。

1着になったレインボーラインは浅見師の管理馬であるところ、京都プレゼンターの
沢村一樹は浅見光彦役を演じたこともあったのでピッタリではありました。  サイン派も
捻くれて考えるようになっているので、逆にストレートに来ると当たらないという事
でしょうかw   あとは家政夫のミタゾノ役をやっているTOKIOの松岡昌宏から、
馬主の三田昌宏氏という考えもあったと思います。  ちょうどTOKIOが話題になった
週でもあったので。   ただ、いずれにしてもG1特有の難しさはあったと思います。

・今週は騎手全員の名前の漢字テストを行いましたが、全部正解できました。

スポンサーサイト




【2018/04/29 20:55】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 天皇賞春の予想
天皇賞春

先週、武豊が騎乗停止になって、クリンチャーには三浦皇成が代わりに
騎乗することになりました。  三浦の初G1勝利なるか?という話題が
クローズアップされていますが、同じように初G1勝利を目指す藤岡佑介
の方が少し陰に隠れている分、怪しく感じられます。   乗っているガンコは
前走日経賞1着ですが、同じく日経賞1着から春天を制したフェノーメノが
入っていた3枠6番に入っているのもプラスではないでしょうか。  
また土曜日に藤岡佑が乗っていた馬も特別な馬が多かったように思います。

土曜京都8R スペシャルホース → スペシャルウィークが死んだ週に出走
                        してきた、唯一のスペシャル名馬
土曜京都9R シスターフラッグ  → 春天馬ゴールドシップの姪

等です。   ということで、軸は藤岡佑の乗るガンコにします。   いちおう
1着ではないかと読みますが、まだまだポイントをずらされている気もするので
勝負馬券は馬連にしたいと思います。  馬連合成オッズで3.6倍あるので、
これで良いでしょう。  単勝も追加で買いますが。

馬連 6番から総流し
単勝 6番 ガンコ




【2018/04/29 12:42】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 読売マイラーズCの回顧など
今週はG2、G3週だったので、事前予想はお休みでした。

今週は土曜日がエリザベス女王の誕生日に当たっていたこともあって、
イギリス王室所有のアスコット競馬場からアスコットが有力でしたが、
こういう場合、あまりに直接的すぎるからか、なかなか1着にはなりませんね。

東京の方は、藤岡康太が乗り替わりになっていましたが、東京3R以降は、
藤岡康太が乗り替わった馬の左の隣馬が6連続で馬券になっていました。
こういうものだけを信じて買うことは出来ませんが、ちょっと助かるケースも
あります。  で、仮に最後の東京12Rでもう一丁狙って9番を買ったとしたら、
4着の刑に処せられるというオチが待っていたようですw

・先週、騎手名鑑を入手したこともあって、現役調教師全193人の名前と
その読み方を覚えているかテストしてみました。  その結果、間違えたのは、

誤 荒川義行  → 正解 義之
誤 斉藤崇史・タカフミ  → 正解 タカシ
誤 坂口(名前出てこず) → 正解 智康
誤 作田誠治 → 正解 誠二

以上の4人で、189人の名前は覚えていて漢字で書けました。  今週は
騎手名のテストをしようと思います。



【2018/04/22 18:53】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 皐月賞の反省など
皐月賞は軸にしたワグネリアンが馬券ならずでハズレでした。  正逆2番に人気馬
2頭を入れて大阪杯のような造りにしてきました。  安易に飛びついたわけでは
ありませんでしたが、もう少し自重するべきでした。  今回はかなり反省点が多い
ので、しっかり復習して、次回に生かしたいと思います。

日曜日は西山さんの馬が単勝万馬券を2回出していますが、それが結局、G1の
激走位置を教えていたようです。   西山牧場セイウンスカイ皐月賞1着の歴史が
あるからだとは思いますが、何時使ってくるかわからないという難しさはありますね。

・まだ京都新聞杯や青葉賞はありますが、今年のダービーがどうなるかが、今日の
結果でかなり見えてくるはずです。   地方出身の戸崎もいつか勝つでしょうが
それが今年なのか?  今回、馬券にならなかった連中の巻き返しは?  
今年は1着馬番ではないかとヤマを張っている馬番があるのですが、それが果たして
1着になるかどうか。  それほど自信は無いですが、出馬表が発表されるのを
楽しみにしています。

・2018年の騎手名鑑をもらってきました。  調教師も増えてきたので、またこれを
使って、不確かな人を覚えなおそうと思います。

・ハリルホジッチ解任ですが、先月の遠征結果を受けて、もう少し早く解任するべき
でしたね。  トルシエと同じでフランス系の監督は地雷が多いので、もうやめた方が
いいでしょう。   W杯ですが、コロンビア戦負け、セネガル戦分け、ポーランド戦勝ち、
と少し楽観的に予想しています。


【2018/04/15 21:11】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 皐月賞の予想
皐月賞

1枠1番に2歳G1を1着した馬が入っているのは先週と同じです。  先週はその
隣である1枠2番が取消していたので、なおさら今週は1枠が怪しそうです。
先月、高知で行われた黒船賞では1枠が穴で激走し、福永が乗った馬はブービー
でしたが、それもここへのサインではないかと考えます。
レーシングダイアリーは「唯一の春に叫ぶ~」という表現ですが、ここから想起
されるのはワンアンドオンリー。  「ワ アン」という文字列が一致した馬が、
ワンアンドオンリーがダービーを1着した時の1枠2番に入っているので、素直に
この馬を軸にしたいと思います。  おそらく1着ではないかと読むので単勝で。
相手は6枠などを拾いたいと思います。

単勝 2番 ワグネリアン
ワイド2-11,12 など


【2018/04/15 13:32】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 桜花賞の反省
桜花賞は軸にしたラッキーライラックが2着で馬券はハズレ。  まぁ自信が
無かったので、ハズレても仕方ありません。  ただ、昨年のように軸馬が
G1になると悉く沈むという状況からは脱しつつあるようです。  今日も
自然な発想から1番を軸にして、2着もあるかもなーと思いつつだったので
明らかに良くなっていますね。  欲を言えば、2着型をしっかり2着と見極め
られるようにならなくてはいけません。

1着になった7枠は、以前なら真っ先に飛びついていた枠で、ヒッカケ認定
してしまったのは失敗。  今回もやはり映画がモチーフになっているとは
思っているのですが。  プリモシーンは「最高+場面」という意味なので。
しかし、買いにくかったです。
結局枠連1-7は1枠松永幹夫ヘヴンリーの焼き直しだったようですね。

・中内田師は経歴詐称疑惑があるようですw
 じゃーダノンプレミアムはダービーで不要くさいですな。



【2018/04/08 20:34】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


| ホーム | 次ページ