FC2ブログ

【サイン読み】 ジャパンカップ・京阪杯の回顧など
ジャパンカップは軸にしたミッキークイーンが凡走してハズレでした。  何とも言い訳のしようの
ないハズレです^^;   この6枠は頭文字で「ゴミ」、さらには尻文字で「プーン」。  完全に悪臭
漂ってるじゃないですかw  漫画で描くならハエが周りを飛んでいるような絵になるはずで、
こんなダメ枠が本当に走るのか?という思いも半分くらいありました。  とはいえ、いちおうサインで
選んだわけで、そちらの方をしっかり復習しておかないといけません。  もっとも、過去に通じた
サインが近年では通用しなくなっている印象もあり、ここのところのハズレっぷりは、サインの進化に
ついて行けてないという側面もあるはず。  色んな所でみんなが言及するようなサインは、多少なり
とも、素直に教えてくれる事が少なくなっている感じがします。 ダブル登録馬とか、のど自慢ゲスト
とか、前はもっと頻繁に教えてくれていたような気がしますが・・・・。

本来なら不貞寝するところですが、今日は最終レースに重賞が。
15京阪単勝
五郎丸が所属するラグビー日本代表の愛称は、チェリーブロッサムズ、ブレイブブロッサムズ
というそうです。  みると2枠にワキノブレイブ。 もっとも、ブレイブ自身ではなく、同枠の方を
買った理由はまた別にあるのですが、いつもの自分の戦法と異なる戦法で買うと、そこそこ好配当が
当たるという、何とも皮肉な結果になりました。  ふだん調べているサインは一体、何だったのだろうか?
まぁこれで結構浮いたのでよし。  京阪杯の映像を肴にビールでも飲もう^^

・SKE・HKTが落ちてNMBが当選という有り得ない結果に。  紙飛行機センターさや姉の
おかげだろうか。  楽しみは本体と乃木坂くらい。


スポンサーサイト




【2015/11/29 22:08】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 ジャパンカップの予想
ジャパンカップ

京都の最終に組まれた京阪杯に登録していながら別のレースに回った馬は3頭
いましたが、その3頭いずれもキャピタルSに出走、しかも11番、12番、13番と、
見事に3頭並びました。  その他のレースを見ていても、6枠周辺がかなり異様に
感じられます。

ジャパンカップのゲストは五郎丸歩ですが、五郎丸というと船の名前みたいでゴールド
シップとつながります。  頭文字が「ゴ」で終わりが「丸」=シップという一致です。
それから「歩」も「プ」という読みがあるので、シッ「プ」とも一致。  のど自慢の
ゲストはゴールデンボンバーなので、この点からも単純にゴールドが入った6枠。

それから今週、夢の第11レースの特別サイトが開設されました。 ずいぶん前から
夢の第11レース自体は発表されているのに、このタイミングで何故?という気がします。
ここからは、単純に11番でしょうか。  うまびの日曜日の沈黙・第3話からも11番。
おまけに馬子先輩の言う通りからも11番ミッキークイーンが浮上してくるので、この馬を
軸にします。  相手は8枠や13番、あとは6番あたりを押さえようかと思っています。

単勝11番 ミッキークイーン
ワイド11-17,16,18,13など


【2015/11/29 14:01】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 マイルチャンピオンシップの反省
軸にしたイスラボニータは3着にはなりましたが、完全なハズレでした。  読みが
間違っていた以外に原因は無く、復習して修正していかなくてはなりません。

今週は土曜日が指原の誕生日でした。  アルテミスSの時に指原性を持っている
と指摘したクロコスミアが土曜日東京9Rに出走。  1番人気で1着、単勝は320円
でした。  まぁこれを取ったところくいらいしか、今週は良いところが無かったです。
で、この馬の騎手・勝浦、西浦師のコンビが、今日のマイルCSでは1番人気の同枠に
入り、その1番人気の単勝がまた320円。  これもサインになっているのかと思いきや、
完全なヒッカケになっていました。  今回のマイルCSの出目は、モーリスがスクリーン
ヒーロー産駒であることから、スクリーンヒーローのJCあたりを使ったのでしょうか。



【2015/11/22 18:53】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 マイルチャンピオンシップの予想
マイルCS

15マイルCS
今年は京都競馬場90周年ということで、上のロゴが使われています。 このロゴから
春の天皇賞ゴールドシップ1着を読んで当てることが出来ました(その解釈については春天
の予想・回顧の記事の方で)。  春天1枠1番横山典1着は、1996年春天のサクラローレル
1枠1番横山典1着の再現だったはず。   まぁ90年の京都競馬の歴史の中から春天の
名場面として選ばれて再現されたのだと思います。  その後に行われた京都のG1に
ついては、残念ながらどのレースを再現したのか、思い当たる節が無かったのですがw、
今年の京都競馬のラストG1であるマイルCSには、「京都競馬場開設90周年記念」なる
副題が付いていることから、やはりここから考えてみたいところです。

サクラローレル春天と同年のマイルCSは、前年の皐月賞馬ジェニュインが出走して、1番人気
に応えて1着になりました。  今年のレースについても、昨年の皐月賞馬であるイスラボニータ
が出走してきて1番人気になっています。  馬主はジェニュインもイスラボニータも同じ社台RH。
上のロゴも社台カラーである黄色と黒が使われています。  ということで、マイルCSでも同じ
1996年を再現すると考えると、辻褄がいちおう合います。

それからジェニュインに乗っていたのは岡部幸雄でしたが、「馬子先輩の言うとおり」に出ている
男役の名前は「岡部」豊なので、岡部幸雄性→ジェニュイン性に注意しろと言っているのではない
でしょうか。

この1996年の秋の天皇賞では、バブルガムフェローが1着になりました。  この馬の馬主も
社台RH。  乗っていたのは蛯名正義でしたが、実は岡部幸雄が本来なら乗る予定が、タイキ
ブリザードで海外遠征しなければならないため、蛯名が代打で乗って1着したというエピソード
がありました。  この岡部代役で1着したのが蛯名のG1初勝利で、今回岡部ジェニュインを
彷彿とさせるイスラボニータに蛯名が乗っているのもプラスと考えます。  

ということで、軸はイスラボニータで1着すると読みます。  相手はよくわかりませんが、横山典
が居る8枠とその対角の1枠あたりから適当に見繕って買います。

単勝 5番 イスラボニータ


【2015/11/22 11:28】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 エリザベス女王杯の反省
軸にしたラキシスは凡走して完全なハズレでした。  土曜日午前中に10番ラキシス本命で
行こうと決めたものの、土曜の武蔵野Sで6枠ながら10番が1着になり、結果的にはそこで
10番が出涸らしになっていたようです。  残念ながら出涸らしか否かの見極めがつかない
状況なので、復習して修正していかなければなりません。

先週のブログでプレミア12という野球大会が開かれているので、期間中のどこかで12番が
1着するのではと書きましたが、エリ女でモロに12番が1着でした。  期間て言っても何か月も
続くわけではないのだから、今週あたり12番1着決め打ちで良かったかも。  5重賞有ると
なかなか難しいところではありますが。  あとこの12番の、少なくともモチーフの1つになって
いるのはHKT48・「12秒」のはずですが、説明しても妄想扱いされるのでやめておきますw
と言いつつ、いちおう画像を。 左はPV中のTEA-PARTY(お茶会)であり、右はエリ女向けの
広告の題「ある夜のお茶会」です。  元はアリスなんですけどね。

秋G1文庫エリ女


・来年向けの競馬ノートを購入。  見開きに土日分を書き、かつ3日間開催があることを考え
ると、1年分を書くのにちょうど60枚のノートがピッタリです。  もうすでに日付と重賞名は
全て書き込みましたw

・今週の口ずさみソング→ HKT48「12秒」


【2015/11/15 20:06】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


【サイン読み】 エリザベス女王杯の予想
エリザベス女王杯

エリザベス女王が在位記録を更新したので「新記録」の意味を持つヌーヴォレコルトは
気になります。  が、ヒッカケ臭を感じることに加え、隣に「ドボン」なる馬名が居るので
ちょっと買う気になれませんw   パッと見たところ7枠の作りが良さそうに見えますが、
どうでしょうか。  京都にこれから「ノボリ」そうなCMでしたし、男2人を家来にしている
ところが、牡牝混合戦で1着してきた男勝りなルージュバック的でもあります。  が、ここも
何となく1着ではなさそう?なので相手まで。  で、結局軸は5枠10番のラキシスにします。
土曜の京都重賞は「竜の形をした馬」が勝ったので、和田「竜」二の同枠であるのはプラス。
週中にFBに都井岬の記事が出ていましたが、今年の都井岬特別を勝ったウインリバティが
隣(6枠11番)に居る事もあります。  こういう時は6枠サンドの決着(枠連5-7)も少し
考えておきたいところ。  相手には7枠や、ラキシスが出走した札幌記念で1番人気で凡走
させられた酒井学を。

単勝10番 ラキシス
ワイド 10-15、3


【2015/11/15 11:57】 | 競馬予想 | トラックバック(0) |


| ホーム | 次ページ